銀行系のキャッシングサービスは消費者金融業者のものと明らかに違いがありオススメです。

お金を借りたい、そして、今すぐ借りたい、そうしたニーズに素早く答えてくれるようになったのが、消費者金融業者が行っているキャッシングサービスです。古くからお金を貸すサービスはありましたが、黒いイメージがあり、高金利でお金を貸すような業者が多かったのも事実です。しかし、時代は変わって最近では貸金業法も改正され、無理な貸し込みをするような消費者金融業者も少なくなりました。また、利用限度額も下がってきており、それに合わせて金利も下がり、とても安全に利用しやすくなったのも事実です。
そして、銀行も新しく消費者金融のキャッシングに参入するようになりました。銀行は新規の参入者ではありますが、消費者金融業者とは違い、豊富な資金量やできるだけ低く設定した金利が注目を浴び利用者が増えてきている状況になっています。
銀行系のキャッシングでは、貸金業法の総量規制が適用されないことがほとんどです。ただ、銀行独自の審査基準がありますので、場合によっては審査に落ちることがあります。つまり、銀行系のキャッシングと消費者金融業者のキャッシングとは、審査の基準が違っているということです。もちろん、消費者金融業者のキャッシングのほうが審査には通りやすくなっていることはいうまでもありません。
銀行系のキャッシングの申し込みでは、収入の少ないアルバイトやパートをしている学生や主婦でも十分に審査に通過する可能性が高くなります。収入が少ないだけで、返済をきちんとしている場合は、特に問題ないからです。しかし、利用限度額は少し低めに出てしまうことは仕方のないことです。
銀行系のキャッシングの最大のメリットは、金利が低くそれに合わせて利用限度額も高くなっているところがほとんどです。そのために審査が厳しくなっているということは、当たり前のことであると考えてください。
銀行系のキャッシングサービスはその他にも、銀行が提供しているという安心感があります。いつも利用している銀行なら、もしも何かあったとしても安心して相談をすることができるからです。銀行では窓口で申し込みを受け付けたり、店舗内に無人契約機を設置したりするなど、利便性も高まってきています。最初の一枚を選ぶとしたら、消費者金融ももちろんいいのですが、銀行系のキャッシングがいいかもしれません。

ページのトップへ戻る