消費者金融を利用して多重債務者にならないようにする方法となったときどうなるのかを解説しています。

消費者金融を利用している人で気をつけて欲しいことは、多重債務者になってしまうことです。確かにキャッシングは気軽にできるようになってきました。利用限度額いっぱいまでお金を借りてしまうと、後の返済がとても厳しくなってきます。お金を借りるときは一瞬ですが、その返済はいつまでも続くことになります。毎月の生活費が足りなくなってお金を借りようとする人はたくさんいますが、多重債務者はお金が返済できていないのにまた消費者金融から借りようとする傾向があります。
といっても、多重債務者は貸金業法の改正以前よりも少なくなってきたといえます。それはなぜかといいますと年収の3分の1以上の借り入れができなくなってしまったからです。これは貸金業を営んでいる消費者金融業者に対してかかる罰則で、間接的に借り手にも影響を及ぼすようになっています。つまり、消費者金融業者がお金を貸すことができなくなってしまったので、借り手も一定額以上の借り入れができなくなった、ということになります。
多重債務者になってしまうことは恐ろしいことですが、本人も気づかないうちに借り入れ残高が増えてしまい、今借りている消費者金融業者に返済をするために新しい消費者金融業者からキャッシングをしてお金を返済するということになります。
ここでの失敗はまた新たにキャッシングの申し込みをしてしまうことです。多重債務者にならないためには、こうしたときに同じ消費者金融業者で利用限度額の増額の申し込みをしたほうが確実です。新たに申し込みができているわけですから、増額の申請も可能です。むしろ、同じ業者に増額の申請をしたほうが、審査も簡単で通りやすくなると考えてください。増額の申請は基本的には自分から申し出ることになりますので、こうした仕組みを知らないという人はぜひ覚えていてください。
多重債務者は自己破産への一歩手前になります。そこまで行くと背負っていた借金はなくなり楽になりますが、しばらくはローンやキャッシングなどが出来なくなり不便な生活を強いられることになります。その前の段階では任意整理や民事再生、特定調停などの方法があります。これらは債務整理と呼ばれるもので、自己破産の一歩手前の方法になりますが、多重債務者の債務を少しでも減らす方法で借入先には迷惑がかかります。

ページのトップへ戻る