ノンバンクの意味を解説し、消費者金融業界ではニーズもありサービスも充実しているといえます。

消費者金融業界に参入している業界はたくさんあります。もともと消費者金融業界ばかりが営業を行ってきたわけですが、貸金業法の改正やその他規制緩和の影響もあって、その他の金融機関も数多く参入するようになりました。どのような業界が消費者金融業界に参入してきたかというと、まずはネット系の銀行やサービスを行っている会社です。さらに銀行や流通系の会社、さらによく似た業界では信販会社も消費者金融に参入しています。こうしたさまざまな業界の会社が参入してきたため、競争はとても激しくなってきています。
さて、キャッシングはお金を貸すことが主な仕事になります。お金を扱う金融機関では、ノンバンクやバンクといった言葉を使うことがあります。バンクというと、英語では銀行という意味を表します。しかし、ここでは預金という意味にも使われることがあり、ノンバンクという場合には、預金を扱っていない金融機関のことを表していることになります。銀行で行っているような預金業務や為替業務を行っていないということがノンバンクの意味になっています。
銀行とノンバンクなどの消費者金融との最大の違いは、ノンバンクは銀行からお金を調達しているということです。銀行からお金を借りているわけですから、その金利はとても高くなるはずです。その借りたお金を一般の消費者にさらに高い金利で貸し出しているということになります。こうして話を聞いてみると何だか又貸しをしているような気がします。
ノンバンクの仕事は、銀行からお金を借りてさらに高い金利を取って仕事をしていることになります。ただ、誰でもお金を貸す仕事ができるのではなく、貸金業規制法という法律がありますから、こちらに則った形で営業所などを設立し、登録して仕事を始めることができます。
では消費者金融でノンバンクがたくさん営業をしているのはなぜでしょうか?そんなに高い金利でお金を借りるのは損だという人もいます。ただ、実際には10%を超える高金利でもたくさんの借り手がいます。ノンバンクは、世の中のニーズによって生まれてきたわけです。
さらにノンバンクは、審査も通りやすく、サービスも充実しています。即日融資も当たり前になりました。これは銀行などのサービスに比べると有利な点であり、メリットにもなっています。

ページのトップへ戻る