消費者金融でキャッシングをするときに、利息の計算をして金額が正しいかどうか確かめましょう。

今キャッシングを利用している人で、一ヶ月でどのくらいの利息を取られているか把握していますか?もしかしたら、借りたまま毎月の返済はしているけれども、何も考えたことがないというケースもあります。それでも全く問題ありません。しかし、消費者金融でお金を借りたからには、いくらか費用がかかっているということを忘れてはいけません。そして、その費用も借入残高に対して年10%から年20%近くの金利がかかっているということを思い出すと、もしかしたら早く返済しなければと焦るかもしれません。
消費者金融で利息を計算する方法はいろいろな方法がありますが、利息の金額の通知を見て、簡単にでもいいので、計算をしてみるようにしましょう。計算は昔から苦手だったという人でも掛け算や割り算くらいはできるはずです。面倒であれば、消費者金融のサイトなどでサービスとして作られているローン計算サイトを利用して一瞬で利息を計算してみるのもいいでしょう。
計算の際に必要な数字がいくつかあります。まずは借り入れ残高です。これは消費者金融業者から送られてくる明細表を見ればいいでしょう。最新の借り入れ残高を知りたいときは、ウェブサービスを見るといいでしょう。そして、金利も使います。金利は実質年率になりますが、今自分が適用されている金利がいくらかぐらいは頭の中に入れておきましょう。金利は下げることもできますが、ここではまず自分の今の状況を知ることから始めます。こうして借り入れ残高と実質金利を掛け合わせて利息を計算します。ここで出た金額は、1年分の利息になります。その後、一日分の利息を計算し、日割にしてまた借りていた日数をかけて一定期間の利息を計算することになります。今手元にある数字を使ってみて、明細書に書かれている利息の金額と一致したでしょうか?数円合わないこともありますが、たいていは一致しているはずです。もし数十円単位で違っているということであれば、日数のカウントを間違えていることがあります。気になるようであれば、消費者金融業者に問い合わせをしてみるといいでしょう。
消費者金融でキャッシングを利用するとき、利息の計算までして借りている人は少ないはずです。例えば金利が変更になったときにどれだけ利息が変わるのか、そうした計算をしてみるのも大事なことです。

ページのトップへ戻る