消費者金融でお金を借りた後はさまざまな支払い方法があります。

消費者金融でキャッシングの申し込みの審査を通過したら、晴れてお金を借りることができます。審査の結果はどうだったでしょうか?20万円でしたか?50万円でしたか?200万円くらいでしたか?人それぞれ収入によってその利用限度額に違いがあります。たとえ、20万円であったとしても、無担保でお金を貸してくれる人は、消費者金融業者でないと簡単なことではありません。そして、カードが届いてお金を借りたその日から、消費者金融業者との長いお付き合いが始まります。ここでは借りた後の支払いについて少し考えてみましょう。
キャッシングの支払いには、いろいろな方法があります。一番よく使われている方法は、ATMでの支払いになります。ATMは消費者金融が設置している専用のATMだけではありません。コンビニに設置しているものや買い物に出かけたときのお店の近くにもATMが設置されていることがあります。場合によっては銀行のATMも消費者金融のオンラインに対応していることがあります。このようにいろいろな場所で利用できることから、一番便利な支払い方法として知られています。銀行で自分の口座からお金を引き出してから、そのままATMでキャッシングの返済をするといった方法もできます。提携ATMでは利用手数料がかかることがあり、注意が必要です。
銀行振込みでの支払いもよく利用される方法です。忙しくてATMには行けないけれど、ネットバンキングを使っているので、自分の持っている口座から直接消費者金融業者が指定した口座に振り込む方法です。こうした方法では、手数料がかかることがありますが、お金を引き出す必要がないので、大変便利な支払い方法です。もちろん、指定振込み口座がわかっていれば、銀行のATMでも振り込むこともできます。
また、通常利用される支払い方法は、銀行引き落としになります。銀行引き落としは、毎月決まった日に自動的に引き落としされます。引き落とされる金額は定額のことがほとんどです。消費者金融のウェブサイトを使って、引き落としにかかる金額を増やしたり減らしたりすることができますが、こちらは事前に変更の登録をしておくことになります。
消費者金融の支払いであまり使われない方法に、店舗に出向いて支払いをする方法があります。今では直接支払うということは少なくなりましたが、なくなることはないでしょう。

ページのトップへ戻る